com-adv

地域電器店 後継者web講座

借入金の内容・返済期間・金額等を再確認する

第Ⅲ章 継承する財産の棚卸し(確認・再評価)⑥ 負債にも資産と同様に「ワンイヤールール」が適用されています。流動負債は1年以内に支払う(決済する)負債で、固定負債は1年を超えて支払いが発生する負債です。借入金もこのルールに従って再確認...
地域電器店 後継者web講座

買掛金・支払手形等の内容・金額を確認する

第Ⅲ章 継承する財産の棚卸し(確認・再評価)⑤ 負債は棚卸し(確認・再評価)によって金額の修正が必要になるケースは多くはありません。その理由は負債には相手方(利害関係者)があり、こちらの都合で変更できないからです。どちらかというと事務...
地域電器店 後継者web講座

地価・建物等の帳簿価格は適正か?

第Ⅲ章 継承する財産の棚卸し(確認・再評価)④ 1980年代後半から90年代初頭のバブル経済期には地価が急騰し、バブル崩壊とともに土地価格は下落しました。バブル期に土地(店舗敷地・駐車場等)を購入し、帳簿価格(簿価)が購入当時のままだ...
地域電器店 後継者web講座

売掛金と在庫商品の棚卸しで流動資産額は変動する

第Ⅲ章 継承する財産の棚卸し(確認・再評価)③ 貸借対照表で流動資産の記載は現金・預貯金から始まります。現金・預貯金とも棚卸し(確認・再評価)で金額が変更になることは稀です。預貯金は貸借対照表の作成日付での金融機関に残高証明の作成を依...
地域電器店 後継者web講座

資産・負債の帳簿金額は実態に合っているか?

第Ⅲ章 継承する財産の棚卸し(確認・再評価)② 会社を継承(承継)する際、その会社の価値(値段)は貸借対照表の資本(自己資本)額で表示されています(第Ⅱ章)。ところがその貸借対照表に記載されている数値が数十年に及ぶ長い経営歴の中で実態...
地域電器店 後継者web講座

「考えていたのと大きく違う」の防止のために‥

第Ⅲ章 継承する財産の棚卸し(確認・再評価)① 中小企業(地域店=地域家電店を含む)ではすでに役員や社員として在籍、日常業務に従事している子息・子女が後継者に就任するケースが多く、これに続くのが血縁がない古参・ベテラン従業員です。今後...
地域電器店 後継者web講座

組織運営のための各種システムをも継承する

組織は規模の大小にかかわらず数多くのシステムによって運営されています。それは創業の経営者が外部から導入あるいは自ら創り上げ、さらにブラッシュアップしてきたものです。システムは時代の変化と自店の実態に合せての改革・革新は必要ですが、これらを含...
地域電器店 後継者web講座

顧客訪問型小売業では「組織と人材(人財)」も‥

後継者が事業を継承(承継)する第三の財産は「組織と人材(人財)」です。複数のヒトが同じ目的で協働する集まりを組織と呼びます。地域店のもっとも基礎的な組織形態、夫婦ふたりの会社でもふたりのヒトがいるから組織です。その全構成員(従業者)を人材と...
地域電器店 後継者web講座

『裏の貸借対照表』の「貸方」は全てが自己資本

顧客、顧客情報、知名度といった資産は「金銭での評価が困難な財産」だから貸借対照表には記載されていませんが、ここでは敢えてこれらを記載した貸借対照表を作成してみます。実際には存在していませんから『裏の貸借対照表』と呼びます。 正式の貸借対照...
地域電器店 後継者web講座

「金銭での評価が困難な財産」にも大きな価値が‥

「金銭での評価が可能な財産」は貸借対照表に記載されていますが、継承(承継)する財産には記載されていない財産=「金銭での評価が困難な財産」もあります。会社らとって極めて貴重な財産でありながら金銭での評価が困難なことから、貸借対照表に記載されて...