com-adv

地域電器店 後継者web講座

組織運営のための各種システムをも継承する

組織は規模の大小にかかわらず数多くのシステムによって運営されています。それは創業の経営者が外部から導入あるいは自ら創り上げ、さらにブラッシュアップしてきたものです。システムは時代の変化と自店の実態に合せての改革・革新は必要ですが、これらを含...
地域電器店 後継者web講座

顧客訪問型小売業では「組織と人材(人財)」も‥

後継者が事業を継承(承継)する第三の財産は「組織と人材(人財)」です。複数のヒトが同じ目的で協働する集まりを組織と呼びます。地域店のもっとも基礎的な組織形態、夫婦ふたりの会社でもふたりのヒトがいるから組織です。その全構成員(従業者)を人材と...
地域電器店 後継者web講座

『裏の貸借対照表』の「貸方」は全てが自己資本

顧客、顧客情報、知名度といった資産は「金銭での評価が困難な財産」だから貸借対照表には記載されていませんが、ここでは敢えてこれらを記載した貸借対照表を作成してみます。実際には存在していませんから『裏の貸借対照表』と呼びます。 正式の貸借対照...
地域電器店 後継者web講座

「金銭での評価が困難な財産」にも大きな価値が‥

「金銭での評価が可能な財産」は貸借対照表に記載されていますが、継承(承継)する財産には記載されていない財産=「金銭での評価が困難な財産」もあります。会社らとって極めて貴重な財産でありながら金銭での評価が困難なことから、貸借対照表に記載されて...
地域電器店 後継者web講座

会社の価値(値段)は自己資本額で表示されている

継承(承継)する第一の財産は貸借対照表で表わされる「金銭での評価が可能な財産」です。会社を継承する時、その会社の価値(この場合は値段)はいくらか、が問題になります。実は貸借対照表にはそのことも記載されています。結論から先に記すと「貸方」の資...
地域電器店 後継者web講座

貸借対照表には資金(資本)の調達と使途も‥

会社は生産活動や営業活動を通じて利益の獲得と財務の充実に努めます。その利益から利益額に応じて税金(法人所得税・法人地方税)を支払い、また役員には役員賞与(役員としての賞与=従業者としての賞与ではない)、株主には配当を行います(いずれも利益処...
地域電器店 後継者web講座

「貸方」には負債と自己資本が記載されている

借対照表の「貸方」の負債も「ワンイヤールール」が適用され、1年以内に支払うことが必要な負債を流動負債、13ヶ月目以降に支払い・返済が発生する(1年以内には発生しない)負債を固定負債として記載されています。 日常的に増減する流動負債に買...
地域電器店 後継者web講座

貸借対照表の「借方」には会社が保有する資産が‥

貸借対照表は資産と負債、資本(資本金+剰余金)が記載された「財産目録」です(前回)。資産は貸借対照表の「借方」に記載されています。記載は流動資産から始まります。 流動資産にはまず現金・預金があります。現金は継承(承継)する時点での会社の保...
地域電器店 後継者web講座

「金銭での評価が可能な財産」は貸借対照表に‥

決算書には貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書及びそれらの付属書類があります。中小企業ではキャッシュフロー計算書は省略されるのが一般的です。貸借対照表には一定時点(通常は決算日)での会社の資産と負債・資本の金額が記載されています。...
地域電器店 後継者web講座

後継者は前経営者から何を継承するのか?

第Ⅱ章では「後継者が継承する財産」を確認します。本章の内容は事業継承(承継)そのものを財務(財産)面からの理解です。後継者が前経営者から「何を継承するのか?」、この設問へは色々な回答が考えられます。本講座では「2つの財産」と「組織と人材(人...